エコトリニティ・システム 

ベイズ最適化によるパラメータ最適化のアルゴリズムを作成している。

亜臨界水処理技術

初期費用1000万以下で車載移動も可能という他に類を見ない独創性を持った技術であり、小規模自治体などの人口動態に合ったエネルギーの需要・供給を成立させ、また、非常時にも自立した電源・熱源の確保が行えることから、社会インフラシステム全体の変革が期待されるほどの革新性を有します。自立分散型ゴミ処理システムは、エネルギーペレット、綺麗な水、安全な食料を生産可能にすることで、持続可能でゴミ処理・環境浄化を行えるシステムを開発します。導入・運用に関しては、サブスクリプションモデルで広い地域のゴミを回収してエネルギー・高付加価値産物に転換し、そこから収益を得ることも期待できます。このシステムは、海洋ゴミの解決にとどまらず、従来型のゴミ処理システムでは処理しきれなかったプラスチックゴミに対しても活用可能であり、最終的に海ゴミを減らすとともに、事業所やビルオーナーのCSR(Corporate Social Responsubility)にも貢献します。

マイクロプラスチック除去技術

世界で唯一恒常的にマイクロプラスチックを除去できるシステムです。環境低負荷型マイクロプラスチック除去槽に関しては、水質浄化を行うだけでなく、世間では水産物に対する不安視する声は高まっていることから、陸のオーガニック農産物に相当するNon-maicroplastic seafood あるいはSafe and secure seafood を徐々に提供することを目指しています。このように高付加価値な生産物が見込まれるシステムだからこそ、持続可能な環境浄化システムとなり得ます。システムとしては、マイクロプラスチック吸着回収能が高い藻類が組み込まれたマイクロプラスチック除去槽を使って吸水した水をマイクロプラスチックフリー水に変換し、そのマイクロプラスチックフリー水で水産物を養殖し、この時、排水にもマイクロプラスチックが含まれてないため、マイクロプラスチック流出を防ぐことができ、周辺環境の浄化にも繋がっていきます。

CO2回生技術

システム全体のCO2排出量をゼロにし、高効率にエネルギー生産・浄化システムおよび培養システムを稼働するプロダクトデザインをします。

AI最適化技術

ベイズ最適化による亜臨界水処理及び藻類培養に関するパラメータ最適化のアルゴリズムを作成している。